オール・アバウト・マイ・マザー(1999)

ペドロ・アルモドバル監督作。登場人物みんな良い人ばっかで会話が楽しい。人情味があって良い映画だった。でもちょっと話がサクサク進み過ぎな嫌いがあるな。エステバンが死ぬ所から始まったり、父親は最後まで出さなかったり、それぐらい思い切った方が良かったのでなないかと思う。アグラードはこれ本当に男か?と思って調べてみたらやっぱり女性だった。オカマ役をやる女性って以外と無いよね。