フェリーニのアマルコルド(1973)

フェデリコ・フェリーニ監督作。フェリーニというより、ジュリエッタ・マシーナのファンなんだけど、これはかなり面白かったな。イタリアのどこかの街に住む人々の春から次の春までの一年間を描いたもの。真面目な場面でも茶化す子供たち。子供の頃は何にも考えず毎日楽しかったなぁ。子供がそのまま大人になったような馬鹿な大人達が楽しい幸せな世界。そんな中でも政治的な問題があったり、精神病の身内が居たり、人が死んだり、当たり前の不幸も描いてこの映画は最早人生そのもの。