ANATAKIKOU - Massage Pie(2006)


f:id:simenawa2000:20180630033349j:image
確かな演奏力とXTCみたいな捻れたポップセンスと優れたメロディーと良い歌詞。全部持ってるのに何故か売れないバンド。結局、日本では良い音楽は売れないのです。まぁそんな拗ねた諦観は置いといて、このバンドのシンデレラという曲を初めて聴いた時は天才だと思いました。ポストパンク地味たストイックなサウンドの上を揺蕩うギターと情感に満ちた歌詞とメロディとが合わさって、不思議な切なさが濁されてるのが素晴らしい。pvも素晴らしい。というかこのバンドのPVは全部良い。まぁしかし、最初に何故か売れないと書いたが売れない理由はなんとく検討がつく。売れる音楽はとことん売れるべく作られたという仕掛けに満ちていて、隠しても隠しきれないような我の強さを持っているものだ。このバンドの中心人物松浦氏の書く曲はなんというか小説的で視点が俯瞰的、そして内容にそこはかとなく不倫の匂いがする(笑)僕はそこにあるジメッとした感じと独特の切なさが大好きなんだけど、大衆が欲しているのはもっと開放感のあるロマンチックなストーリーだと思う。ベストアルバムだと化けるバンドだと思う。