アリス (1988)


f:id:simenawa2000:20180925231508j:image

ヤンシュバンクマイエル監督作。オテサーネクで完全にハマった監督。長編デビュー作品。これ観て天才だなと思った。初めて観たのはルナシーだったんだけどその頃には既に才能翳ってたと思う。不条理極まりない内容だが、何が起こるのか分からず、兎に角目が離せない。CGは全く用いらず、殆どストップモーションアニメで表現され、その動きもリアリティではなく絵的な面白さを求めてる感じが良い。「取っ手は取れる。」「取り敢えずなんでも口に入れてみる。」「必要のなくなったものは投げ捨てる。」等のリフレインとなる要素が癖になり、作品を特徴づけている。最終的に夢?の影響でアリスはハサミで何でも首はねまくりのサイコ少女になったのかなと想像する。やっぱりこの作品でも幼少期の道徳観念のない純粋な悪意を取り扱っている気がする。