ジュリアン(1999)


f:id:simenawa2000:20180927105300j:image

ハーモニー・コリン監督作。これ多分、木下理樹好きそうだなと思って借りてみた。盲目の少女がアイススケートで云々って歌詞は恐らくここからですね。画質からして病的で、音楽もかなりイカれてて不健全。知的障害者のジュリアンとその家族を中心にドキュメンタリータッチで撮られた作品。コラージュ的な手法はレクイエムフォードリームと似てたな。痛々しく胸に刺さる感じはギャスパーノエっぽくもある。この映画はもうちょっと逃避的で幻想的にポッと浮かび上がる感じかな。この監督の映画は前にスプリングブレイカーズを観たけど大分飛躍してるな…。ドキュメンタリータッチでどこか逃避的なところは変わってないかな。それにしても黒人の教会かっこい過ぎやろ。厳粛さの欠片もないな。