夏時間の庭(2008)


f:id:simenawa2000:20180927171556j:image

オリヴィエ・アサヤス監督作。パッケージやタイトルから漂う穏やかでアットホームな雰囲気とは裏腹にマジでリアルな遺産相続の話だった。これは確信犯だな。てゆーかこんな楽しくない題材よく取り扱うなぁと変に感心した。マジでクソガキがひどい。婆ちゃんの思い出の家をよくここまで貶めることが出来るなという使い方をしていて逆に凄い。エログロなサスペンスとかそれらしい題材を選ばず、ここまで『ありそうな話』で嫌な気持ちにしてくれる監督はこの人しかいない(笑)