Portia fading - breath flows caressing a lips pour savliva(2014)

f:id:simenawa2000:20181014062431j:image

portia fading(ポーシャ・フェイディング)は東京で活動する四人組ロックバンド。その1stアルバム。彼らの音楽は一言で言えば、モグワイとかの静と動を行き来する轟音ポストロックに歌が乗ったものだが、そう言われるとよくあるオルタナティブロックをイメージされるかもしれない。しかし、彼らの音楽はオルタナティブロックとはあまり結びつかない。オルタナってのはざっくばらんに言えば歌謡曲とパンクロックの融合であると僕は定義しているのだが、彼等の場合バンドが歌を歌うための伴奏ではなくコードとメロディが美しく融和している。それはオルタナというよりもっと遡り、パンクの時代に袂を分けたハードコアパンク(パンクの直線的な演奏を追求したもので緩急がなく歌の伴奏という発想がなくて全部シャウトで乗り切る硬派な音楽w)、そこから派生したポストハードコア、エモとかそういうバンドに近く、彼らの曲はコード進行とメロディがどちらに振れるでもなく同じ比重で同時に行われる。このジャンルのバンドは殆どが歌が下手でなんぼというか、その逃げ口上の為に用意されたようなジャンル(ていうのは言い過ぎ)で、例外を挙げればsunnyday real estate。このバンドにしてもオルタナよりのエモなので、portia fadingのような音楽性は更に特殊。これが可能なのはボーカルの高音域で美しく伸びる声質と彼らが日本語詩ではなく英詩によるスムーズな歌唱を選んだからではないかと思う(さっき挙げたsunnyday real estateも同じタイプの声質の持ち主である)。ハードコアの全てをねじ伏せるようなシャウト歌唱も好きだが、こういう演奏に埋もれず美しいメロディを奏でるタイプのボーカルが一番好きだ。このタイプで僕が好きなボーカルはSunnyday real estate、Mercury Rev(2代目)、日本で言えばUrema等がいる。Uremaは2016年に解散してしまったのでファンの人は聴いてみてはいかがでしょうか。