Portia fading - Wrecked Down Castle(2018)


f:id:simenawa2000:20181014064848j:image
東京で活動する四人組ロックバンド、ポーシャ・フェイディングの2ndアルバム。1stの頃から独特なコード進行に磨きがかかりバラエティに富んだ内容となっており、最早エモとかポストロックとかジャンルでくくれる音楽性ではない。真の意味でオルタナティブロックと表現すべきかな。特にBoo'ya moon ticという曲はそれが顕著でエキゾチックっという表現がピッタリな異国情緒漂う佳曲。こんなの普通のロックファンが作り出せるセンスじゃないよなぁ。インドで修行とかしてそう(笑)そうした自由な感性をロックバンドという一種の箱庭的な感覚で繋ぎ止めることで発揮されるミニマルさがこのバンドの特徴かなと思う。病みつきになるような中毒性というのではなく、もっとこう掴み所のない流動的な…でもロックとしての確かな魅力も備えていて何度聴いても飽きない、そんな不思議な音楽。この文章を読んで聴きたくなる人がいるのか甚だ疑問ですが(笑)ロックが好きで新鮮な音楽を求めてる人には普通にオススメです。