アオイトリ (2017)

ストーリー重視のエロゲ。結構泣けてオカズとしての質も高い名作。前作アマツツミの二番煎じ感は否めない、キャラの性質を入れ替えただけだけって感じだけど、まあ良いものは良いしこういうのはどんどん再利用すべき。エロゲなんてそれでいいんだよ。安定して抜ける事が大事だからね。

キャラとしては小夜ちゃんが 最高(てゆーか今回この娘以外オカズとしては微妙)。前作で最高だった愛ちゃんの完全に使い回しなんだけど、声優さんの演技がエロくて愛ちゃんに並ぶ魅力がありました。

ストーリー部分は主人公が狂ってると言われていたけど、あかりの方がキチガイやと思ったね。自分で普通って言ってるけど全然普通じゃないよ。メンタルキチガイやわ。終盤飛び込み台の上でオナニーしだす辺りからヤバさが急加速していった。もうこの娘は全然可愛げなくて抜けないね。人間的魅力を感じない(因みに一番魅力的なのは小夜ちゃんで二番目は電話の悪魔ちゃん(ラストの演技凄かった、テレフォンセックスしたいお…))。 全然感情移入出来なかったし、こんな人間いないと思った。でもシナリオとしては面白かった。僕たちみたいな正常な神経を持った人が、人を殺す時ってどんな気分なんだろうって、そういう極限状態がちゃんと想像して描写されていた。面白かった。それが海野あかりというキャラへの総評です。キャラ掘り下げる前は抜けたのにストーリーが進むごとに業を背負わせすぎて女性としての魅力を感じなくなるというのは前作と共通し起こった現象。しかしあかりトゥルーエンドでビターエンドだった小夜ちゃんも救ったのはマジですごい。前作から通して無理ゲーっぽい女の子を救済するパワープレイは心底感心させられる。憎めない悪魔を可愛いマスコットポジションに貶めたのもナイス(益々小夜ちゃんのその後が気になる)。しかし俺の中のトゥルーエンドの相手は小夜ちゃん以外ありえんから。あかりでなく小夜ちゃんの授乳シーンがラストであれば俺はこの作品に名作を超えた神作の称号贈り、毎日寝る前にpurple softwere様の更なる活躍と発展、そしてスタッフ全員の健康を願い神棚に祈祷捧げただろうな…。不満点は最後の最後で散々あかりが父親が苦手つってたのに高校生で妊娠出産まで迎え全てが丸く収まるってとこがちょっとだけ引っかかる。前作も山奥の村人がただのぐう聖だったりして、詰めが甘いというかご都合主義というか…そこはこの先困難もあるけど、僕たち二人力を合わせれば大丈夫!エンドでいいんじゃないかなぁと思う。自殺した女の子もシナリオに絶対絡んでくると思ってたのにそんな事は無く、電話の悪魔の正体かなとも思ったけど悪魔は普通に悪魔やった。 ここの脚本家はかなりライブ感で作ってて風呂敷広げて畳むときは細けえことは良いんだよって感じがある。でもそれが強引にハッピーエンドに持っていけてる結果に繋がるから一長一短だよな 。あとやっぱ、小夜ちゃん以外設定やら性格やらぶっ飛んでて抜けん(感情移入できない)娘ばっかだったのでシナリオも自分の中で興味を惹かず中弛みに感じたのもマイナス。