劇場版名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001)


f:id:simenawa2000:20191127050245j:image

劇場5作目。少年探偵団がメインの作品になり、あゆみちゃん好きなロリコンにオススメ。おっちゃんや蘭姉ちゃんの要素は薄め。犯罪のトリックというとこで見所はあまり無いが、蘭姉ちゃんとのバンジージャンプ、ラストのカースタント等見せ場は沢山ある。中でも灰原が珍しく感情むき出しになったり、爆破のカウントダウンを自分でするシーン等は灰原らしさが出ていていいなぁと思った。「時々自分が誰だかわからなくなる」などの台詞に込められた彼女の心情。なぜ自分がここにいるのか?名前も自分の本当の姿さえ捨てて生き延びた意味とは何か。その疑問に答えるのが本作の裏テーマと言える。

灰原のダウナーな雰囲気は名探偵コナンという作品においてヒヤッとさせられるようなシリアスさを担っていて魅力的だが、そんな彼女が少年探偵団の無邪気さに救われる本作は、本編に挿入されていてもおかしくないのではないかと思わせられるくらい彼女にとって重要なエピソード。

ラストの「吉田さんを泣かせたら承知しないから」って台詞とか自然と絆が感じられていいよなぁ。映画オリジナルのキャラや展開という意味で旨味は少ないがキャラクターの掘り下げが上手くいっていて、地味ながら良作。