魔法少女隊アルス(2004)

NHKスタジオビットくん内で放送されていたアニメ。名作でしたね。これの前にジャイアントロボ三日月を観てこんな天才を今までスルーしていたのかと感動した。その作品で監督を務めた雨宮慶太が本作では企画原作を務める。 和製ハリーポッターと言いましょうか。兎に角くっそおもろいアニメですね〜。

ジャイアントロボでも思ったのですが、この人は風呂敷を広げておいてきっちり畳める人です。庵野秀明と実写とアニメに携わったり取り扱う内容なんかにも共通項があって何かと比べてしまいますが、きっちり作品を完結させてくれるという点で雨宮慶太に軍配が上がります。天才的な発想と卓越した心理描写、独特の中2センスという点でやはり庵野秀明は他の追随を許しませんが、雨宮慶太はこんなんあったら面白いのになって思い付きそうな、発想としては割りと安直なところがありますがそれをちゃんと作りこんでいく段階で生じる問題をクリアーして構想段階での旨味を損なわず完璧に作品を作り上げる能力を持っていてやはりこの男も天才で間違いないですね。

この人の作るキャラは終始少年漫画の主人公ように真っ直ぐなのですが、第1話立ち振る舞いのように現実と照らし合わせるとナチュラルにぶっ飛んでいるとこがあって人を選ぶかもしれません。個人的にはその歪んだエネルギーの放出が好きなのですが。正直主人公のアルスちゃんは最後までそんな好きではなかったです。 あんまり深く考える子じゃないからかな。最初から一貫して魔法の素晴らしさを周りに説いていてあまり成長を感じられなかった。自分が全く知らない世界に放り込まれて何故そこまで自分の価値観を貫けるのかが分からなかったし、そういう点であまり共感できるキャラじゃなかった。シーラちゃんはツンデレでかわいいっすね。桑島法子さんの演技が最高です。最初、小清水亜美かと思ったんだよね。あんま聴き分けれらないです自分は…。朴璐美小林ゆうも難しいです。

ラストの展開は衝撃的でしたね。正直裏切り者がいるって話が出た時点で、エバちゃんの事がすぐ頭に浮かんだのですが、普通にそれは考えたくなかったので頭から放り出してしいたのですが…。かなりショックでした。絵的にエヴァとかに比べたらそんなにグロい訳でもないが、精神的に軽くダメージがありました。普通にこの作品でエバちゃんが1番好きだったので。それを想像がついてもちゃんと面白くやってくれるから凄いよな。細かい伏線とか散りばめてくれるし、二度目見たらまた面白そう。異世界転生魔女っ子ものでどういうのできるって投げられた時、まぁ良い題材なんだけど王道過ぎて凡庸な作品になりがちだと思うんだか、この作品は期待をなにも裏切らず、逆に言えばサプライズもないんだが良いファンタジーに仕上がってるんだよ。

ストレートなんだけど何故か変化球の雰囲気を帯びてるのがこの人の特徴なのかなぁ。面白いって感じる部分が人と少しズレてるんだろうな。そこが個性的で素敵なんだが、ジブリとかにはなれないだろうな笑。なんだろう、心理描写に深みがないというか。まぁ、そんなん無くてもこの人の作品は面白いんだよ。その分世界観の作り込みはすごいし。