それでも世界が続くなら - それでも世界が続くなら(2018)


f:id:simenawa2000:20200407040728j:image
セルフタイトルを冠したミニアルバム。自身これが本当の1stアルバム、自分の気持ちを初めてちゃんと表現出来たと語っていた活動休止前ラストアルバム。それでも世界が続くならというバンドの持つキモさ、ヤバさそんな彼らの個性に向き合いそれを肯定し100%発揮した名盤だと思う。実は僕もこのアルバムでやっとこのバンドのオリジナリティがなんであるか分かった。

01.イツカの戦争

曲調はミディアムなポストロック。とても優しい包み込むようなリードギターの中をしの君がとても自由に歌を紡いでいる様子が美しく、なんつーか許されたって感じがする。そして、そのままサビではしの君が自分の意思を高らかに叫び上げる。しの君みたいな不器用な人間がこんなにも自由に発言できる空間があるそれがバンドであることがとても美しいと思う。そういう空間が作れるって事を100%実現するだけでこんなに美しい曲になるんだっていう証明。

 

02.魔王とハッピーエンド

それせかとファンの関係性を改めて歌った曲。1曲目よりポップスに寄っててバンドのダイナミズムを感じられやすい曲らしさってものが出てるけど、基本は変わらない。しの君のメッセージありきの曲なんだよ。もうこの時点でそれせかの表現力はレベル100だから曲のどこがいいかってよりなにを歌ってるかって事のが大事だったりする。

03.SNSとオフライン

誰も知らないに匹敵する名曲。あっちが普遍的な名曲だとしたら、こっちはそれでも世界が続くならというバンドにしか為しえない表現を突き詰めた金字塔的名曲と言える。ちょいダサめなギターフレーズから始まるがそれもこの曲を伝えるための表現の一部である。ここに無駄な音などひとつもない。しなやかなベースラインに歌が寄り添いその関係がとても密接で美しい。コーラスに導かれて現れるサビの流れが流麗。結局どんなに頑張ったって声を張り上げたりしたとしても、音楽が美しいということが1番メッセージが伝わるんだよな。しの君の叫びから漏れる弱音みたいな繊細さを汲み取るようなリードギターといい全ての表現が完璧に機能してる。

04.銃声とエンターテインメント

ロックミュージックにのせて世の中の不条理を暴きそれを叩きつけるっていうそれせかのスタイルのど真ん中を行く曲だな。その中でも最上級。このアルバムはリードギターが本当良い仕事してる。ツインギターの旨み100パーセントな曲。ラスト加速するとこの迫真みに本当に俺なんかは勇気づけられるな。最高だ。

05.春と呪い

このバンドたまにめっちゃsyrup16gに似てる時あるよな。シロップと違うとこは鬱的な気分に逃避しないで、いっしょになって解決しようと努力してくれるところだろう。それはとてもうっとおしい事かもしれないし、問題が解決してしまうと要らなくなる音楽だ(これは本人も認めている)。だがそこに宿る熱と残した音は永遠だ。だからSNSという一過性の流行りみたいな言葉をタイトルに使うことも平気なのだろう。僕は一生悩み続けるしの君の音楽に寄り添いたいと思う。解決に向かうストーリー性という物を音楽に当てはめた時曲はとてもポップになる。カッコつけてない音楽でそれが最高にロックって所まで突き詰められるのはそれせかだけ!

06.ハピネス

このアルバムで唯一暗い曲かな。暗い女の子の衝動を表現した曲。以前より特定のシチュエーションを指定してないのが特徴か。こういう表現はどこまでもやってもいいんだ。そんな子がこの曲を聴いた時の彼女が秘める衝動はきっとこんなもんもんじゃないから…って感じだと思う。

07.ユートピアの生活費

轟音ポップス、まぁそれを人はオルタナと呼ぶわな。このバンドは本当新しいことは別に何もやってないんだよ。別にそれでいいんだよ。このバンドは音がカッコイイし、しの君の歌を届けるのが1番大事だから。このアルバムのいい所はそこで、この曲だとシューゲっぽくなるけど轟音ポップスという軸がブレてないところだ。シューゲがやりたいんじゃなくてしの君の歌を一番届く形にする為に轟音があるんだ。変わったことやってなくても誰が1番歌って欲しいことを歌ってるかっていうとこのバンドなんだよ。

 

全体として…僕は透明になりたかったに続く名盤が届いた。そしてそれせかの世界が完成したという印象。透明〜はバンド自体ヤバい状態で、もうこれで終わってもいいって気持ちで作られたやけっぱちの破壊力がある1枚って感じがする。それに対し今作はシラフでどこまでも真摯に突き詰めた結果といった感じ(まぁ実際は逆にこれで一旦終わりなんだけど)。前作はメンバーのやりたい事と曲の方向性にブレを感じたんだけど、今作は完璧にメンバーの気持ちが揃ってるという感じがした。

今作でやっと自分はそれせかってどんなバンドなのか分かった気がする。それせかの曲はぶっちゃけるとJ-popだ。曲の骨組みの部分はバックナンバーと大差ない。その時点で洋楽を愛するロックファンにはピンと来ないかもしれん。でも彼らはバンドだ。しの君の作るポップスをバンドで一番最高の状態で届けようとした時、なんとそれはオルタナティブロックに変容するのだ。何故ならしの君の作る曲はポップスであるが込められたメッセージは決してポップな物ではない。正にオルタナティブなものだ。だからその表現を突き詰めていくとこの世のどこにも無いオルタナティブロックとして完成する。それがそれせかの独自の個性で一番の魅力だと思う。透明〜の時は多分一番人に届けるというという事を意識してなかったから、それが逆に功を奏し音のかっこよさを突き詰められたんじゃないかな。どっちが上かと聞かれたら決めかねるが、それせかの個性が剥き出しになっていてオリジナリティが高い方で言えばこちらに軍配が上がる。…つまり名盤だ。聴こう。