うなぎ(1997)

今村昌平監督作。パルムドール受賞作。さすがパルム・ドールという感じで隙のない完璧な作品だった。敢えて欠点を挙げれば作品にイマイチ花がないとこと終盤の床屋にヤクザが襲撃してくるシーンとかのアクションに迫力と緊張感がないってとこ。柄本明のキャラがすごい良かったね。役所広司との口論のシーンは本作のハイライトの一つ。殺されるかなと思ったけど、勝ち誇ったような台詞を吐き捨てて自分から去っていく所は驚きました。こんな決着があるのかと思った。あそこで客はみんな気持ち悪かった柄本明のキャラを好きになったでしょうね。もしかしたら役所広司以上に。こういう映画って事件の原因がフワッとしてることがよくあるけど、この作品は主人公がセックスが下手って原因が明確でそこが新鮮だった。ラストで本当はうなぎに欲情してたって事実も発覚して、刑務所ではうなぎをオカズにシコってたのかなとか想像するとおもろい。そういうしみったれた所に妙に親しみを感じてしまう。そんなキャラが妻を殺し刑務所に入り幻想的な生活に身を投じていくって所まで変遷を丁寧に描いているのが日本人らしいと思った。そこを気に入るか、海外の作品のようにぶっとんだキャラの狂気を描いたかっこいい作品が好きかは好みの別れる所。