あずみ(2003)

上戸彩主演。北村龍平監督作。ぶっとび系時代劇。たまには夏っぽいのを観ようと思って。北村龍平はVERSUS観て好きになった監督だからその目線でもう一度見てみっかてのもありつつ…。今見たらVERSUSの兄ちゃん出てるんやな。よく見りゃ猿もVERSUS出てたね最後の方まで生き残ってた奴笑。最初期パーティが上戸彩以外殆ど全員死ぬのは当時衝撃だったよな。冨樫義博イズムを感じる。山奥で育った暴力組織が戦争に武力介入するって、今みるとソレスタルビーイングだな笑。北村龍平のバイオレンス表現はすごい。すげぇ中2心を刺激して印象に残る。戦闘シーンも最高。思考を凝らしたアイデアが詰め込まれていて漫画顔負けだよ。 気ィ抜いたらいつ死ぬかわからん殺気が渦巻いた雰囲気が最高。最後の混戦で猿が爆発で吹っ飛ぶシーンとかズレたユーモアも監督の持ち味なんだよなぁ。どっか浮世離れしたセンスの持ち主。あずみの剣に仕込み刀出てくるとか、中々馬鹿らしいアイデアをぶっ込める度胸がすげえ。そのセンスにオダギリジョーもマッチしてたよね。ひゅうがが死ぬ時、美女丸がフレームインしてくるとこ笑った。それにしても上戸彩の茶髪綺麗だ。なかなか居ない稀有な女優だと思う。だって本当に強そうだもん。他の女優だとこんなんが強いわけないやんと思うけど、上戸彩はどっかスポーティーな印象があるんだよな。名作。