鋼の錬金術師(旧アニメ)(2003)

旧アニメバージョン。世代なので見てたけどちゃんと通して見るのは実は初めて。何となく旧版の方が良かった気がしてるけど、まぁ半分正解半分ハズレかな。まず良かったとこは作画と選曲とシナリオと、あと声優。アニメオリジナル設定の真理の扉の向こう側があり、それが僕達の今生きてる歴史でハガレンの世界が現実のパラレルワールドという設定が面白かったね。天国ともいえるね。灰羽連盟とか連想させる。賛美歌風のBGMも相まって若干セカイ系の雰囲気があったよね。それは原作にはない独特な切なさがあって良かった。切なさといえば作画がめちゃくちゃ良いよね。エンディングテーマとかの時のエドのなんとも言えない表情。あれ良かったなぁ。めちゃくちゃ色気あるよね。旅の過酷さそれを物語るような虚脱感溢れる表情、そこからくる哀愁ね。よくあれだけの表情描けるなとおもう。後やっぱ曲が全曲めちゃくちゃ良い。取り分け消せない罪は好きだね。後クリスタル・ケイマザーズスカイやっけ?あれも良いよね。ウィンリィがめっちゃ可愛いその上エロい。舐め回すようなカメラワークね。まぁ、犬の目線なんだけど 。ウィンリィと言えば報われなさ過ぎて可哀想だよね。アニメ版は。その分漫画版はハッピーエンドだけどね。個人的な大ヒットは斎賀みつき演じるマリア・ロス少尉です。ウィンリィが1番可愛いんだけど、次点ってなるとホークアイ中尉が挙がりそうだけど、おれは斎賀みつき演じる(新版では代わってるらしい)マリア・ロス中尉を推すね。なんつーかバブみが凄かった笑。あの落ち着いた低音ボイスで頼り甲斐があってちょっと(大分?)お節介なとこにやられました。ロス中尉に甘えてぇなぁ〜俺もな〜。水樹奈々のラースも良かったね。今もあんな声出んの?歌い過ぎて声太くなってんじゃねえのって疑ってる笑。水樹奈々のか細い声が好きなんだよなぁ日向ヒナタとか。終盤アニメオリジナルシナリオ〜映画の流れが良かったね。シャンバラはズルいもんね。大人エドと青年アルかっこい過ぎるし、ラルクど名曲当ててくるし。あれは伝説だよ。ただしウィンリィが報われない事が…(ry。悪いとこは、中盤から原作のストック切れ(連載途中でのアニメ化の為)で中身が薄味でおもんなかった所。グリードの戦闘シーンとかいい所もあんだけどね。シナリオはいいと思うのよ。アニオリのババアが黒幕で、スカーが軍人集めて賢者の石作ろうとしてアルが犠牲になってエドが再生して真理の扉の向こうに行くっていうシナリオは。でも肉付けが上手く出来てなかったよね。中盤以降は暗いだけで、エドたちも流されるままという感じで正直全然おもんなかった。アニメ版の方がおもろいと言うなら思い出補正で間違いないと思う。でもあれはシャンバラに続いてるから、シャンバラ神作やからっていう。アニメ版はエドは最終回までひたすら罪悪感に苛まれて終わったよね。その暗い雰囲気が良いのよね。原作はちょっと理屈っぽいから、そんなに切なくならないのよね。やっぱ旧アニメの雰囲気凄い良いよね。まぁ、これを先に提示された上で、1人で闘い抜いた原作はすごい立派だよね。原作版もちゃんとアニメ化したし恵まれた作品だなぁ。まぁそれだけの深いメッセージ性と魅力的な世界観を持ってるもんなぁ。